糖尿病とその改善についての知識を適切に深めよう

食事の改善

糖尿病の重大な誘因となる過食や肥満。具体的に肥満を防止し血糖値を安定させて糖尿病を改善するためには、どのような食生活を心がければよいのでしょうか健康な身体を作るための食事とは何かを説明します。

 Read More

運動で防ぐ・治す

運動は糖尿病を改善するための薬です。運動をすることは、基礎代謝を上げてやせやすい体を作るることにもつながりますから、体脂肪を減らさなければならない糖尿病の患者んにとっては、糖尿病改善に一石二鳥になり得ます。

 Read More

糖尿病を回避

血糖値が高いと糖尿病になる可能性が高くなります。普段の食事の栄養バランスには、特に注意をしましょう。糖尿病を発症させたら、改善する為に生活習慣を見直す必要があります。

 Read More

糖尿病の理解

効果的な糖尿病改善対策のためには.まず病気を正しく理解することが大切です。しかし糖尿病を誤解している人も少なくありません。あなたは糖尿病の正しい知識を持っていますか

 Read More

糖尿病危険度チェック

厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は約950万人と推定されます(2012年国民健康・栄養調査)
ところが、その糖尿病患者さんのうち治療を受けているの約65%と報告されています。つまり、糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても治療・改善をしないでいる人が、如何に多いかがわかります。
体内で何らかの異変が生じたとき、私たちはそれを症状として自覚します。もちろん、糖尿病の場合も同様であり、 「トイレが近くなり、尿の量がいつもより多い」とか「やたらと喉が渇く」とか「きちんと食事をしているのに、すぐにお腹が減る」、「食事の量は変わらないのに体重が減ってしまった」 等々の様々な自覚症状が現れます。 「身に覚えがないから大丈夫」などと安心するのは早計です。なぜなら、糖尿病の自覚症状は初期にはほとんどない状態であり、病気はかなり進行し、悪化してしまったときに初めて症状は現れる場合がほとんどだからです。
自覚症状が全くないにもかかわらず、 「実は密かに糖尿病が進行していた」というケースも実際にあります。
ですから、上記のような症状以外にも「だるい、疲れやすい」「手足が痺れピリピリした感じがする。あるいは、痛みを感じる」「傷が治りにくくなった」「視力が急激に低下した」「足がむくみやすくなった」「意識が朦朧としたことがある」などなどの経験のある方は糖尿病の可能性を否定できません。
糖尿病を発症する危険因子の1つとして肥満が挙げられます。あなたは肥満ではありませんか?肥満かどうかはBMIという基準を用いて知ることができます。この基準で肥満度を判定できたら、次は体型もチェックしてみてください。
肥満は脂肪が体のどの部分により多く蓄積しているかによって「リンゴ型肥満」 「洋ナシ型肥満」に分類されます。リンゴ型肥満は別名「上半身肥満」戸惑います。お腹に脂肪が蓄積しているのが特徴で、男性に多く見られます。一方、洋梨型肥満は女性に多く見られ、下腹部やお尻などの下半身がふっくらとしていることが特徴です。洋なし型肥満は生活習慣病との関わりは比較的薄いので、あまり心配しなくても良いでしょう。
リンゴ型肥満は腹部の内臓も修理につく「内臓脂肪」は過剰に蓄積している可能性が濃厚です。このような内臓脂肪が過剰に蓄積した状態を「内蔵脂肪型肥満」といいますが、これこそが糖尿病などの生活習慣病と密接な関わりがある肥満なのです。
ちなみにリンゴ型肥満はそうではないかはウエストのサイズとはどのサイズから判定できます。また、おへその位置で測った腹囲が男性なら85センチ、女性なら90センチ以上ある場合もリンゴ型肥満で糖尿病の可能性があるので改善しましょう。

おすすめリンク

  • 糖尿病にはヘモグロビンA1c値が鍵!

    ヘモグロビンa1cの効果をこちらのサイトで紹介しています。多くの人が効果を実感しているのであなたも試しに飲んでみませんか。
  • 若返りたい方のためのサプリとっておき情報館

    乾燥肌で悩んでいる人はいませんか。若返りサプリは口コミでとても高く評価されていますよ。興味がある人はぜひ確認しましょう。