お得に住宅資金を調達

メンズ

住宅ローンを借りるには

住宅ローンを組むにあたって、「フラット35」という制度を漠然と思い浮かべる人も多いと思います。しかし、実際にはどのような審査が必要で、どんなメリットがあるのでしょうか。フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構とが提携して提供している住宅ローンの1つです。一番の特徴は、最大35年の長期に亘り、固定金利で貸出しを行っている点です。その為、将来の金利上昇リスクに備えることができます。また、公的ローンの性格を持つため、通常の住宅ローンに比べ低金利で、2017年11月現在の金利は1パーセント台です。このようにメリットの多いフラット35ですが、その分審査も厳しいのではないかという印象をもたれがちです。民間の金融機関がお金を貸し出す際の審査で重視するのは「貸したお金が返ってくるか」という一点であり、契約者本人の返済能力と住宅の市場価値が重要になります。その為、契約者の収入や職業、完済時の年齢、対象物件の価値が将来的に下がりにくいかなども加味されます。一方、フラット35は「良質な住宅を増やす」という使命を担う側面もあります。その為、耐火構造になっているかなど最低限の技術水準をクリアしていれば審査が通りやすくなります。この技術水準とは、住宅金融支援機構が住宅の安全性などを考慮して設けているものです。その為、この基準をクリアしたと言うことは、住人にとっての安心にもつながります。他にも、フラット35のメリットとして、保証人や保証料が不要である点や繰上げ返済手数料不要という点も挙げられます。住宅購入の際には、十分検討する価値のある資金調達方法と言えるでしょう。